今回は、永山運送の全車両に装着されているデジタルタコグラフについて、簡単に御説明したいと思います。

そもそも、タコグラフって何なの? と言うところから始めます。
タコグラフとは、トラックやその他の商業車に装着される運転記録計です。
大型トラックについては法で装着が義務付けられています。
それ以外の車両は任意で装着します。
走行時間と、そのときの速度、走行距離を記録することができます。
そのような情報をグラフ化して、管理責任者が運行状況を確認できるようにします。

今でも活躍していますが、初期のタコグラフは全てアナログでした。
img_atg_large_01
このように、スピードメーターと時計が一緒になったような形をしています。
アナログ式タコグラフの中には、丸いチャート紙という名のグラフを入れます。
393tako2
このチャート紙に、タコグラフの中で動く針が、速度や時間を刻むのです。
しかし、このチャート紙から読み取れるのは、速度と時間だけです。
アナログの仕組みからして、それ以上の機能を求めることは困難です。

そこで登場したのが、デジタルタコグラフです。
デジタコ車載機
あまりにも自然に装着されているので解り難いと思います。
ラジオとエアコンのコントローラーの間に収まっているのが、デジタルタコグラフの車載機です。
デジタルでは、速度、運行時間はもちろんのこと、急加速、急減速、エンジン回転数、を記録します。
最新型はクラウドを利用して、キーをONにすれば記録がスタートし、事務所に帰りOFFにすると、即基地局にデータが送信されます。
西東京 デジタコ
エンジン回転数については、適正回転数を定めることにより、それ以上になった場合警告を発します。
これは、無駄な空ぶかしや、無駄な高回転運転を防止して、環境に優しい低燃費運転の推進に役立ちます。
更に、法規で定められた連続運転時間を超えた場合も、警告を発します。
無理な長時間運転を防止して、より安全な運行の実現に役立ちます。
また、記録されるデータを数値化して、その稼働における安全運転度合いを点数化します。
全てのデータは見やすく整理された状態でアウトプットされます。
IMG_2706
これにより、管理者とドライバーさんは、その日の運転の細かな評価及び、総合的評価を知ることができるのです。

更に更に、急発進、急加速はデジタコが記録し、立て方向の衝撃についてはドライブレーコーダーが記録します。
ドライブレコーダー
ドライブレコーダーは、いざ問題が発生した場合の事実確認を明確に記録する機能はもちろん、立ての揺れ、衝撃をも記録する性質を持ちます。
これにより、永山運送の車両は常に3次元の動きを記録しています。
デジタコとドラレコの相乗効果により、物理的な問題が発生する、その前段階で事故を防止するのです。
危ない場面は全て画像として記録されており、運転していたドライバーさんだけではなく、全てのドライバーさんと、ひやりはっと、の共有が可能です。

以上、デジタルタコグラフが如何に安全運転に役立つかを、簡単に説明させていただきました。

永山運送はこれからも、トラックの安全運行に全力で取り組みます!!

業務拡大につき、永山運送ではドライバーさんを大募集しています!!
初めての方大歓迎です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

西東京営業所:042-520-6290 担当者:足立

相模原営業所:042-705-5604 担当者:金井

千葉営業所: 047-401-5810 担当者:山口

川越営業所: 049-229-5190 担当者:池田